京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  高温多湿の時期はギックリ腰に要注意
2019/06/07| カテゴリ:院長 小松原より

高温多湿の時期はギックリ腰に要注意

キーワード: 腰痛
湿度が高い梅雨の時期は疲労が回復しにくいときなので「腰痛持ち」の方はぎっくり腰に注意が必要です。欧米では昔からぎっくり腰のことを「魔女の一撃」と呼ばれるほど一瞬で立てなくなるくらいの腰痛が起こるのがぎっくり腰です。



御幸町カイロの患者さんでもぎっくり腰で来院される方は本当に辛そうです。ぎっくり腰は、椎間関節、靭帯、筋膜などに起こる急性腰痛症の一種ですがとくに仙腸関節で痛みを感じるギックリ腰は立てないくらいの痛みになります。

なぜぎっくり腰が起こるのか?
・体の歪み
・運動不足
・寝不足
・ストレス
・疲労の蓄積
・栄養過多での内臓疲労
・筋肉の老化
・重たいものを運ぶ
・疲労の蓄積に湿度や気圧

ぎっくり腰になってしまったら、ひどい場合はまずは安静にすることが大事です。痛い側を下にしてエビのように背中と腰を丸めた状態が一番楽な姿勢です。患部を湿布ではなく、氷のう(氷を袋に入れて濡れタオルで巻く)で20分程しっかり冷やすことを繰り返し炎症を抑えることが大切です。

治まってくると、ついつい無理をしてしまいますが炎症がある程度治まるまでは安静にすることが大切です。また、回復している兆しを簡単に確認する方法は仰向けの姿勢で腰を膝の裏側から背中まで一直線に上げることができると炎症は徐々に治まってきています。



そして、根本的に組織を回復させるためには、カイロプクティックや整体など信頼できる先生からの施術がおすすめです。ぎっくり腰は一度経験してしまうと繰り返す可能性がありますので定期的なメンテナンスをすることが大切になります。痛みがきつく長引くようであれば、病院で痛み止めなどの応急処置も選択肢のひとつです。


症状改善の一歩に「初めて体験」

「はじめて体験」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?自分に合っているか?症状改善として続けていけそうか?など一度、受けてみたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————


閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる