京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

検索

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  仕事で腕のしびれ、 肩や首に痛みが起こるのは?
2018. 3. 8 | カテゴリ:院長 小松原より頚椎(首)

仕事で腕のしびれ、 肩や首に痛みが起こるのは?

キーワード:

腕がしびれる、肩周りや首周りがいつも重いという方は胸郭出口症候群かもしれません。重さや痛みなどの症状でも不快ですが、しびれや力が入りにくいなどの症状も加わると仕事だけでなく日常生活にも支障が出てしまいます。胸郭出口は、肋骨、鎖骨、肩甲骨に囲まれた空間で、この空間を通る神経と血管が圧迫されることで、首肩腕などに症状が出てきます。

 

 

下で図で「首の付け根」と「鎖骨の下」と「脇の下」の3箇所で、神経と血管が筋肉と骨の間を通り抜けるところがあり、胸郭がきちんと動いていないとこの部分が圧迫され、色んな症状が出ることを「胸郭出口症候群」と呼んでいます。

 

 

胸郭出口症候群は、体の歪みに長時間同じ姿勢や背中が丸くなる姿勢で腕を動かす作業をすることで起こることが多く、最初の症状はしびれや手の熱感・冷感などの違和感で始まり、徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みやしびれが感じてきます。

 

胸郭出口症候群の症状は、肩をあげて後ろに反らす運動や、首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に強くなり、神経が圧迫されるとしびれや痛みが現れ、動脈が圧迫されると腕や手指の色が蒼白になり静脈が圧迫されると腕や手指の色が暗青紫色になります。

 

 

悪化すると、少しの腕を動かす動作で症状を感じ、とくにデスクワークなどの方は、猫背であごが前に突き出て重心が前に偏よ首や肩の筋肉の緊張から、胸郭出口に負担がかかりやすくなるので、まずは首肩周りのストレッチや身体全体の運動、日常の姿勢、睡眠時間や時間帯、食事の改善をしてそれでも症状が楽にならないときは施術で構造を改善することががおすすめです。

 

きつい胸郭出口症候群を改善するためには、神経と血管の通り道を元に戻すことが大切で御幸町カイロプラクティックでは、胸郭、肩甲骨などの位置関係や動きをみながら、身体に負担をかけずに施術をし、それに応じた運動も行なっているのでつらい症状の方は一度ご相談頂ければと思います。

 

—————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で分子整合栄養医学の栄養療法を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にし栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
—————————————————–
京都整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667
http://www.gokomachi.com/
—————————————————–

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせ アクセス・営業時間 閉じる