京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

検索

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  むくみやすい人に足りていない栄養は?

むくみやすい人に足りていない栄養は?

病気でもなく、立ち仕事や同じ姿勢を長時間しているわけでもなく、常にむくんでいる人、むくみやすい人の原因は何でしょうか?

 

 

多くの方はタンパク質不足が考えられます。体内の細胞と細胞の間の組織が通常よりも多くの水を含んでいる状態で血管中の水を保つ働きのある「アルブミン」というタンパク質が少なくなっている可能性が高いです。アルブミンが少なくなると、血管の中で水を保てなくなるため、動脈では水分が血管の外に出やすく、静脈では血管の中に戻りにくくなります。

 

通常の量であればリンパ管で排水することで問題ないのですが、あまりにも血管外の水分が多くなりすぎると、追いつかなくなりむくみになります。

 

アルブミンは肝臓で作られているので、肝臓が弱っている時にもむくむことがあります。

また、女性の場合は貧血も考えられます。貧血はだるさやめまい、動悸、息切れといった症状だけでなく心臓に負担がかかるために、下半身などの静脈の血液が滞りむくみが出やすくなります。

 

個人の栄養状態や生活習慣に合わせて、何が原因でむくんでいるのかをより細かくチェックすることで、改善のしかたをお伝えしています。むくみがなくなると、身体が軽くなり、痩せやすく、これからの季節に気になる冷えも感じ方が随分と変わってきますよ^^

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせ アクセス・営業時間 閉じる