京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

検索

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  Q&A できるだけ筋肉を落とさず体脂肪を落とす方法は?

Q&A できるだけ筋肉を落とさず体脂肪を落とす方法は?

暖かくなるとだんだん薄着になり、ダイエットも気になり始める季節ですね。上手く減量させるには体脂肪が燃えやすくなるように摂取カロリーを少し落として、筋肉量を落とさないためにたんぱく質量を増やすことです。

 

まず、カロリーダウンの基本は糖質を減らすことです。甘いお菓子類はもちろんのこと、炭水化物も糖質になるため、おにぎりや麺類、パン、丼ものなどが中心の人は、白ご飯を半量にしておかずのボリュームを増やしましょう。

 

それでも中々体脂肪が落ちない場合は、脂質量も減らします。「揚げる」よりも「焼く」「茹でる」など油を控える調理法を選んでカロリーダウンさせます。

 

 

次に、筋肉量を落とさないためにたんぱく質を増やします。減量中はどうしても筋肉量が落ちがちですので、大切なポイントです。肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を中心に、大豆などの植物性たんぱく質も摂るようにします。質の良いプロテインでも補効率良く補うこともおすすめです。

 

基礎代謝のうち38%は筋肉で消費されるため、筋肉を落とさないようにすることは基礎代謝を落とさないことにつながります。

 

また、たんぱく質を普段からしっかり摂取することで、脳が満足するため、糖質などの間食も減る傾向にあります。

 

さらに効率良く脂肪を燃焼させるには、30分以上の有酸素運動をすると、20分を過ぎた頃から体脂肪がエネルギー源として使われるようになります。

 

ダイエットをしても中々結果が出ない方、もしくはすぐにリバウンドしてしまった方は、筋肉を落とし過ぎていたのかもしれません。期間と目標設定をして無理なく確実に体脂肪を落としてみて下さいね。

 

—————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で分子整合栄養医学の栄養療法を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にし栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
—————————————————–
京都整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667
http://www.gokomachi.com/
——————————————

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせ アクセス・営業時間 閉じる