整体を京都でお探しならお任せください。カラダの中から元気になる。それが京都・御幸町カイロプラクティックです。


トップページ > 運動に必要な栄養

鉄欠乏性貧血は見逃されがちです

赤血球中のヘモグロビンは、全身の細胞に酸


素を運ぶ役割を持っていますが、主に材料の


鉄が不足して、その働きが落ちてしまうのが


「鉄欠乏性貧血」です。


酸素は生命維持のために必須な要素なので、


貧血に陥ると、身体の組織、器官、神経全て


に機能障害を起こします。




220170622.jpg



続きを読む "鉄欠乏性貧血は見逃されがちです" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年06月23日 11:39 | パーマリンク | トラックバック (0)

夏に向けて熱中症&夏バテ対策を〜

熱中症は、暑い環境で生じる障害の総称で熱


失神・熱疲労・熱痙攣・熱射病があります。


身体では代謝や酵素の働きで熱がつくられ同


時に、異常な体温上昇を防ぐためのセンサー


も働いています。

12017525.jpg

続きを読む "夏に向けて熱中症&夏バテ対策を〜" »


投稿者: 院長 小松原 | 日時: 2017年05月25日 16:45 | パーマリンク | トラックバック (0)

糖質、炭水化物は食べない方がいいの?

糖質は肥満などの要因から敬遠されがちで


すが、決して悪いものではなく、エネルギ


ー源にもなる必要な栄養素です。


糖質が足りないと筋肉を減らしてエネルギ


ーを生みだしてしまいます。


日本人は三大栄養素の割合のうち、炭水化


物(糖質+食物繊維)は50〜65%がよいと


されていますが大幅に上回っている人も多


いので、問題視されることが多いです。


220170501.jpg


続きを読む "糖質、炭水化物は食べない方がいいの?" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年05月02日 16:31 | パーマリンク | トラックバック (0)

肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を毎食たべましょう

毎食必ず摂って頂きたい栄養は、肉、魚、卵


などのたんぱく質です。


たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されて身


体を作り、次々に新陳代謝をするため、毎食


必要量を摂ることが望ましいです。


大豆製品など植物性のたんぱく質もバランス


良く摂って頂きたいのですが、毎食、メイン


に肉、魚、卵などの動物性のたんぱく質を食


べましょう。


民族にもよりますが、太古の昔からずっと行


われてきたことです。


動物性タンパク質は植物性タンパク質の約2


倍の吸収率だといわれ、体内で分解されると


アミノ酸になります。


身体に必要なアミノ酸は20種類で、そのうち


半分は、身体で作ることができない必須アミ


ノ酸です。


これらのアミノ酸がバランスよく含まれてい


るのが動物性タンパク質です。


身体で作れないので、食事やサプリメントか


らとる必要があります。


世間一般では動物性タンパク質は良くないと


言われ植物性タンパク質のみで栄養を補うベ


ジタリアンと呼ばれる人もいます。


動物性タンパク質を含む食品はコレステロー


ルが多かったり高脂肪であったりと健康的に


良くない点がピックアップされやすいです。


このような悪影響は食べ過ぎや、胃腸の弱い


人が特に影響されやすくなるので、身体の様


子をみながら、食べる量を調整することが大


切です。


たんぱく質不足になるとますます体調が悪く


なるという悪循環に陥ってしまいます。


肉を食べづらい人は、焼き魚に納豆ご飯と味


噌汁など、色んな食材から満遍なくたんぱく


質をとるようにしましょう。


220170414.jpg



続きを読む "肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を毎食たべましょう" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月21日 16:59 | パーマリンク | トラックバック (0)

サプリメントの正しい選び方

身体に良い食べものだからといって、それ


だけ食べていれば良いわけではないように


サプリメントの栄養素も単独で摂るより複


数を組み合わせた方が、それぞれが作用し


合って働くため、効果はより大きくなりま


す。


ビタミンはミネラルがなくては機能しない


ですし、たんぱく質がなくてはどの栄養素


も機能しません。


ビタミンBのサプリメントもB1、B2、B3、


パントテン酸、B6など単独で摂るよりもそ


れぞれ同量含有しているものがより効果的


です。


不調のある時だけ不定期に摂るより、必要


な種類を定期的に摂る方が効果は上がりま


す。


また、各栄養素の必要量や効き方には個人


差があり、血液の性質や細胞膜の状態、体


内のPHなど体内の環境はさまざまです。


その日の体調や気候の変化、職場や家庭で


の環境、ストレス度合、年齢、性別、病気


の有無などでも変わります。


栄養素の副作用は、深刻なものはなく、量


を少なくすると軽くなるか消えます。


自身の身体の変化を観察しながら、分量や


種類の調整していくことで、体調が回復す


ると、副作用が現れにくくなります。


例えば、胃腸に不快感があり消化酵素が少


なかった人が、必要量を出せるように回復


してくると、プロテインを飲んだ時に現れ


がちなお腹の張り感が気にならなくなって


きます。


サプリメントの栄養素は、色んな情報が飛


び交う中、自分の症状にあてはまり、有効


とされているものを摂れば治るというもの


ではありません。


自身の血液検査データから、知識のある医


師や管理栄養士などの専門家と共に、身体


の状態を的確に把握した上で、質の良い栄


養素から必要な種類と量を摂ることで、改


善につながります^^


220170408.jpg


続きを読む "サプリメントの正しい選び方" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月08日 15:33 | パーマリンク | トラックバック (0)