整体を京都でお探しならお任せください。カラダの中から元気になる。それが京都・御幸町カイロプラクティックです。


トップページ > スタッフ 平松のブログ

EPA・DHA・α-リノレン酸  オメガ3を含む油をとりましょう

近年では、アトピーや花粉症の改善に、オ


メガ6脂肪酸「リノール酸」を取り過ぎな


いように!といった注意を目にすることも


多くなりました。


リノール酸を多く含む植物油は、ひまわり


油、コーン油、大豆油、サフラワー(紅花


)油などがあげられます。


これらの油が使われているドレッシング、


ポテトチップス、パスタ、加工食品などの


食品が私たちのリノール酸過多を招いてい


ます。


「サラダ油」は日本にしかない植物混合油


で、大豆油とキャノーラ油を混ぜたものが


主流ですが、この「サラダ油」も日本では


リノール酸過多の人を増やしている大きな


原因といわれています。


220170425.jpg


続きを読む "EPA・DHA・α-リノレン酸  オメガ3を含む油をとりましょう" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月25日 10:31 | パーマリンク | トラックバック (0)

肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を毎食たべましょう

毎食必ず摂って頂きたい栄養は、肉、魚、卵


などのたんぱく質です。


たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されて身


体を作り、次々に新陳代謝をするため、毎食


必要量を摂ることが望ましいです。


大豆製品など植物性のたんぱく質もバランス


良く摂って頂きたいのですが、毎食、メイン


に肉、魚、卵などの動物性のたんぱく質を食


べましょう。


民族にもよりますが、太古の昔からずっと行


われてきたことです。


動物性タンパク質は植物性タンパク質の約2


倍の吸収率だといわれ、体内で分解されると


アミノ酸になります。


身体に必要なアミノ酸は20種類で、そのうち


半分は、身体で作ることができない必須アミ


ノ酸です。


これらのアミノ酸がバランスよく含まれてい


るのが動物性タンパク質です。


身体で作れないので、食事やサプリメントか


らとる必要があります。


世間一般では動物性タンパク質は良くないと


言われ植物性タンパク質のみで栄養を補うベ


ジタリアンと呼ばれる人もいます。


動物性タンパク質を含む食品はコレステロー


ルが多かったり高脂肪であったりと健康的に


良くない点がピックアップされやすいです。


このような悪影響は食べ過ぎや、胃腸の弱い


人が特に影響されやすくなるので、身体の様


子をみながら、食べる量を調整することが大


切です。


たんぱく質不足になるとますます体調が悪く


なるという悪循環に陥ってしまいます。


肉を食べづらい人は、焼き魚に納豆ご飯と味


噌汁など、色んな食材から満遍なくたんぱく


質をとるようにしましょう。


220170414.jpg



続きを読む "肉、魚、卵などの動物性たんぱく質を毎食たべましょう" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月21日 16:59 | パーマリンク | トラックバック (0)

美山 まつだファ−ムさんで山菜パーティー

美山の松田さんのお家で山菜パーティーに


お招き頂きました^^


桜満開でお天気も良くて、みなさんと楽し


い時間を過ごしました。


220170417.jpg


お庭で摘んだ山菜もてんぷらに^^


サクサクで美味しかったです。


天ぷらを揚げて下さった方々の手つきもプ


ロフェッショナルで惚れ惚れしてしまいま


した^^


220170417_1.jpg


続きを読む "美山 まつだファ−ムさんで山菜パーティー" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月17日 15:46 | パーマリンク | トラックバック (0)

サプリメントの正しい選び方

身体に良い食べものだからといって、それ


だけ食べていれば良いわけではないように


サプリメントの栄養素も単独で摂るより複


数を組み合わせた方が、それぞれが作用し


合って働くため、効果はより大きくなりま


す。


ビタミンはミネラルがなくては機能しない


ですし、たんぱく質がなくてはどの栄養素


も機能しません。


ビタミンBのサプリメントもB1、B2、B3、


パントテン酸、B6など単独で摂るよりもそ


れぞれ同量含有しているものがより効果的


です。


不調のある時だけ不定期に摂るより、必要


な種類を定期的に摂る方が効果は上がりま


す。


また、各栄養素の必要量や効き方には個人


差があり、血液の性質や細胞膜の状態、体


内のPHなど体内の環境はさまざまです。


その日の体調や気候の変化、職場や家庭で


の環境、ストレス度合、年齢、性別、病気


の有無などでも変わります。


栄養素の副作用は、深刻なものはなく、量


を少なくすると軽くなるか消えます。


自身の身体の変化を観察しながら、分量や


種類の調整していくことで、体調が回復す


ると、副作用が現れにくくなります。


例えば、胃腸に不快感があり消化酵素が少


なかった人が、必要量を出せるように回復


してくると、プロテインを飲んだ時に現れ


がちなお腹の張り感が気にならなくなって


きます。


サプリメントの栄養素は、色んな情報が飛


び交う中、自分の症状にあてはまり、有効


とされているものを摂れば治るというもの


ではありません。


自身の血液検査データから、知識のある医


師や管理栄養士などの専門家と共に、身体


の状態を的確に把握した上で、質の良い栄


養素から必要な種類と量を摂ることで、改


善につながります^^


220170408.jpg


続きを読む "サプリメントの正しい選び方" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月08日 15:33 | パーマリンク | トラックバック (0)

サプリメントは効果があるの?

サプリメントを飲んでいるけど、効果があ


るのかないのかわからないと思う人も多い


のではないでしょうか。


効果が期待できるのは、症状がある部分の


組織で、その栄養素の濃度が一定の濃度以


上に達してそのまま持続した場合です。


220170404.jpg


続きを読む "サプリメントは効果があるの?" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年04月04日 16:29 | パーマリンク | トラックバック (0)