整体を京都でお探しならお任せください。カラダの中から元気になる。それが京都・御幸町カイロプラクティックです。


トップページ > 胃 腸内環境

慢性的なお腹の張りと膨満感

お腹全体または部分的に張った「お腹の


張り」または「膨満感」を感じることが


ありませんか?


220141016.jpg


続きを読む "慢性的なお腹の張りと膨満感" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年10月13日 16:32 | パーマリンク | トラックバック (0)

「分子栄養学と施術で体調改善」御幸町カイロのポスターが新しくなりました

御幸町カイロの玄関に貼ってあるポスター


が新しくなりました。


院内のポスターやパンフレットは小松原院


長がデザインしています^^


2220170908.jpg


今回は「分子栄養学と施術で体調改善」と


いう見出しです。


220170909.jpg



続きを読む "「分子栄養学と施術で体調改善」御幸町カイロのポスターが新しくなりました" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年09月08日 11:26 | パーマリンク | トラックバック (0)

妊婦の骨盤ケア 腰、背中、肩、首の痛みにも!

赤ちゃんを出産するには、お母さんのせま


い骨盤の中を通りやすくするために、骨盤


のゆるみが必要です。


妊娠すると、胎盤の元となる組織から、


じん帯をゆるませる「リラキシン」という


ホルモンが分泌され、出産にむけて骨盤が


徐々に広くなります。


一昔前までは、毎日の暮らしの中で、歩く


しゃがむ、立つなどの動作が、じん帯や筋


肉が丈夫で強くなる生活をしていました。


そのため、簡単には骨盤がゆるまず「リラ


キシン」がじん帯をゆるめることは、安産


のために大切なことでした。


現代人は、車の普及で歩くことの減少、生


活様式の変化などから、全身のじん帯や筋


肉が驚くほど弱くなっています。


そこへ昔と同じように「リラキシン」が働


くとどうなるでしょうか。


骨盤を支えているじん帯や筋肉も弱くなっ


ているために、妊娠すると骨盤がゆるみす


ぎてしまいます。


骨盤がゆるむと背骨に歪みが生じて、腰や


肩、首の筋肉もバランスを取ろうと緊張し


ます。


そこに自らの体と、どんどん大きくなる赤


ちゃんの重みがかかり、突然お尻が重だる


くなったり、腰、背中、肩、首など激しく


痛みやすくなります。


220170718.jpg


続きを読む "妊婦の骨盤ケア 腰、背中、肩、首の痛みにも!" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年07月18日 15:28 | パーマリンク | トラックバック (0)

Q&A健康診断を受けるときは?

御幸町カイロに来院される方で健康診断や


人間ドックを予約しましたと言われる方が


来院され、そんなときには普段通りの食事


と生活リズムはそのままで受けてください


とお話をしています。


1201774_2.jpg

続きを読む "Q&A健康診断を受けるときは?" »


投稿者: 院長 小松原 | 日時: 2017年07月04日 18:18 | パーマリンク | トラックバック (0)

疲れやすい 気分の落ち込み 肩こりなど ビタミンB不足かも

ビタミンB群は、私たちが生きるためのエ


ネルギーをつくるのに欠かせない栄養素で


す。


どれかひとつだけでは効果を発揮しにくく


お互い助け合いながら働くため、ビタミン


B群は一緒に摂る(複合体)のが望ましい


かたちです。


動植物性食品に広く存在していて、普通の


日本人の食生活では不足することはないと


考えられがちですが、実際はかなりの潜在


性欠乏者が存在しています。


★ビタミンB不足で現れる症状


• 涙目や太陽の眩しさを感じやすい、充血


• 皮膚炎、しみ、むくみ、かゆみ、湿疹


• 舌の表面のざらざらが消失、虫歯


• 鼻、口、額、耳のまわりが剥げやすい


• 口角炎、唇や口角に赤いぶつぶつができる


• 体毛、眉毛などの脱毛、白髪


• 胎児、乳幼児の成長が遅い


• 肩こり、筋肉痛、疲労、頭痛、手足のまひ


• アルコール中毒


• 脚気


• 記憶力減退、集中力低下、音に過敏、神経


炎、ウェルニッケ脳症、うつ、幻覚症状、


イライラ、不安、精神障害、無気力


• 胃腸障害、便秘、下痢、吐き気、嘔吐、ア


ミノ酸吸収低下


• インスリンの分泌低下


• 貧血など


★ビタミンBを消耗させる要因


• 食品の変化


食品の精製・加工・保存によってビタミン


B群が減っている。


• ビタミンB群の消費量が増えている


精製された白い食べ物、ストレス、過度の


アルコール摂取、妊娠、授乳、加齢、過食


等でビタミンB群消費量が増えます。


• 抗生物質の長期服用


ビタミンB群は腸内の細菌がつくってくれ


ますが、抗生物質を長い期間飲んでいる人


は、腸内の細菌バランスが乱れ、ビタミン


B6等の合成量が少なくなります。


☆ビタミンB群の種類


ビタミンB群の栄養素は、ビタミンB1、


ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン


パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12


葉酸などがあります。


220170609.jpg

続きを読む "疲れやすい 気分の落ち込み 肩こりなど ビタミンB不足かも" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年06月12日 11:00 | パーマリンク | トラックバック (0)