整体を京都でお探しならお任せください。カラダの中から元気になる。それが京都・御幸町カイロプラクティックです。


トップページ > 院長 小松原のブログ > 子供や女性に多い低血糖症 だるさ・落込み・疲労感

子供や女性に多い低血糖症 だるさ・落込み・疲労感

エネルギー源として使われる血液中の糖を血


液検査で計ったのが「血糖値」です。 この


血糖がある一定の値を下回ってしまい色々な


症状を感じるのが低血糖症といいます。


12017410_2.jpg




===日常でこんな症状を感じやすい===


★自律神経症状★
・動悸
・不安
・イライラ
・手の震え
・異常な発汗
・頻脈
・きつい空腹


★中枢神経症状★
・頭痛
・集中力の低下
・脱力感
・きつい眠気
・めまい
・ふらつき
・疲労感
・目がかすむ
・ろれつが回らない
・ものが二重に見えるなど


血糖値が急に下がると、危険信号として色々


な症状を感じます。パニック障害や統合失調


症の症状と似ているので、病院でも誤った診


断をされることもあります。


12017410.jpg


===低血糖を起こしやすい人===


・朝食を抜く人
・お菓子やジュースを多く摂る人
・炭水化物中心の食事になってる人
・食事の間隔が不規則な人
・食事の量が少ない人
・過剰な運動をする人
・貧血がある人
・若い女性、子供など


===低血糖を起こさない、改善する習慣===


低血糖は対策をしないと年々きつくなる傾向


にあるので日常で低血糖を起こさないことが


大切なります。


・タンパク質中心の食事内容
・朝昼晩の三食は腹六分目
・間食を摂りお腹ぺこぺこ状態をつくらない
・2〜3時間の間隔で糖質以外のものを食べる
・間食はチーズやナッツ、卵、ヨーグルトなど


この習慣を続けることで軽い低血糖症は改善


されることも多く日常で意識出来ることなの


で試してみてください。


3〜6ヶ月で変化が感じられると思います。


12017410_3.jpg

===低血糖がきつい人は===


症状がきつく感じる人は、血液検査で全体の


バランスをチェックして栄養状態や酵素の働


き、糖代謝、身体の負担のかかり方などをチ


ェックして一定の数値を下回ってしまってい


る場合は、改善用のサプリを摂取しながら上


記の習慣を意識して定期的にチェックをする


と改善されやすくなります。


御幸町カイロでは子供さんから大人の方まで


色々な低血糖症の相談を受け医療機関と提携


し改善のお手伝いをしています。


どう改善したらいいかわからない?という方


は気軽にお声がけください。


*糖質は必ず必要なので身体の状態に合わせ


て適量を摂ることが大切です。極端な糖質制


限にならないようにしてください。


-------------------------------------------------------------------
<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都の整体 | 京都御幸町カイロプラクティックでは頭
痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善や、
貧血・低血糖・子供の症状・不定愁訴など、分子整合
栄養医学を基にして栄養療法で改善のお手伝いをして
います。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
-------------------------------------------------------------------
京都 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 - 222 - 6667

http://www.gokomachi.com/
https://www.facebook.com/pages/gokomachi
-------------------------------------------------------------------


投稿者: 院長 小松原 | 日時: 2017年04月10日 16:05 | パーマリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gokomachi.xsrv.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1491