整体を京都でお探しならお任せください。カラダの中から元気になる。それが京都・御幸町カイロプラクティックです。


トップページ > スタッフ 平松のブログ > 首の痛みや凝りは、揉んだりストレッチしても良い?

首の痛みや凝りは、揉んだりストレッチしても良い?

首の凝りや頭痛、目の疲れが取れない、肩


から背中も凝っていて呼吸も苦しいなど、


このような症状の時はどのように対処され


ていますか?


220170203.jpg


首や肩、背中は痛みのある部分をストレッ


チをしても効果が出にくいです。


逆に、首はストレッチをやり過ぎて、痛み


が強くなることもあります。


凝っている部分を自分で強くもむこともお


すすめしていません。


筋肉は揉みすぎると、硬くなります。


自分で首肩を揉んでいる人の首は、表面の


弾力性が無くなり、血液の循環がとても悪


くなっています。


首の筋肉に常に強い刺激を与えてしまうと


その刺激から身を守ろうとして硬くなりま


す。


その硬くなった筋肉が、血管や神経を圧迫


して余計に凝ってしまうという悪循環にな


ります。


このような首の筋肉の状態になると、良い


状態に戻るまでの期間も長くなります。


筋肉の細胞が入れ替わるには、約4ヶ月〜


半年程かかりますので、繰り返し強い刺激


で揉むのはおすすめしません。


マッサージ店なども、解剖生理学など身体


のしくみを理解された施術者を選ぶことを


おすすめします。


また、ストレッチは気持良い程度は大丈夫


ですが、やりすぎもまた悪化の原因になり


ます。


ストレッチしすぎの人の首は、グニャグニ


ャしていているのに、凝った感じや痛みを


感じやすいです。


例えば、輪ゴムをグイグイ伸ばしていると


だんだんと伸びて長くなり、元の長さに縮


まなくなってきます。


筋肉も同じです。


ストレッチで伸ばしすぎると、伸びきった


ゴム状態になります。


こうなると、筋肉本来の機能である、縮ま


って関節を動かす事が出来なくなり、重さ


がある頭を上手く支えられ無くなってしま


います。


上手く力が入らないため、余計な力を使う


ことになり首の凝りもひどくなってきてし


まいます。


そして、首をバキバキ鳴らすことも避けて


下さい。


鳴ったときに、その刺激を脳が気持ちがよ


いと感じて、関節や筋肉がゆるんで一時的


に楽になります。


ただ、これを繰り返していると、首の関節


をつないでいる靱帯がのびて、首の関節は


グラグラになり、頭を支える事が出来なく


なります。


代わりに筋肉で頭と首を支えるため凝りや


痛みにつながります。


最初はバキバキ、ポキポキなっていても、


そのうち鳴らなく鳴ります。


そして、鳴らそうとする度に、痛みが走る


ようになり悪化することが多いです。


凝りや痛みを感じたら、お気軽にお問い合


わせ下さい。


バキバキしないソフトな治療で首痛の根本


的な原因を治療しています。




-------------------------------------------------------------------
<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都の整体 | 京都御幸町カイロプラクティックでは頭
痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善や、
貧血・低血糖・子供の症状・不定愁訴など、分子整合
栄養医学を基にして栄養療法で改善のお手伝いをして
います。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
-------------------------------------------------------------------
京都 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 - 222 - 6667

http://www.gokomachi.com/
https://www.facebook.com/pages/gokomachi
-------------------------------------------------------------------


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年02月04日 09:28 | パーマリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gokomachi.xsrv.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1467