整体を京都でお探しならお任せください。カラダの中から元気になる。それが京都・御幸町カイロプラクティックです。


トップページ > 2017年02月

貧血の48%は亜鉛欠乏☆亜鉛たっぷり牡蠣のピカタレシピ

血液中の赤血球を作るために必要な亜鉛は


不足すると、赤血球が弱くて壊れやすい状


態になってしまいます。


そして本来の血液としての役割がうまく果


たせなくなり、貧血になってしまいます。


この亜鉛欠乏性貧血は、一般女性6200人に


貧血検査を行い「貧血」と診断された人の


うち、48%とほぼ半数の女性が亜鉛欠乏性


貧血でした。


「貧血」と診断された女性全員に鉄分補給


をしたにもかかわらず、48%は貧血が改善


されず、亜鉛を鉄分と同時に摂取したとこ


ろ、症状の改善されたため、この調査結果


が出ました。


貧血症状のある女性の8割が鉄欠乏性貧血


で亜鉛欠乏性貧血は5割です。


つまり、貧血の半数は鉄分も亜鉛も両方不


足していることによる貧血を起こしている


ということになります。


220170228.jpg


続きを読む "貧血の48%は亜鉛欠乏☆亜鉛たっぷり牡蠣のピカタレシピ" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年02月28日 15:41 | パーマリンク | トラックバック (0)

目と栄養の関係 飛蚊症や網膜剥離

分子栄養学の勉強会で飛蚊症や網膜剥離など


目に関する内容もあり目に対しても栄養面か


らの対策は色々とできるので気になる方は参


考にしてください。


12017224.jpg


続きを読む "目と栄養の関係 飛蚊症や網膜剥離" »


投稿者: 院長 小松原 | 日時: 2017年02月24日 11:19 | パーマリンク | トラックバック (0)

冷えると古傷が痛むのはなぜ?

もうしばらく寒い日が続きそうですね。


こんな寒い日は、昔にケガした古傷が痛む


ということはありませんか?


切り傷、打ち身、やけど、骨折、凍傷など


数年前の古傷でも痛みや違和感を感じるこ


とがあります。


古傷は一見、完治したように思えても、筋


肉組織など元の状態に戻っていないことが


あり血液の流れが悪かったり、伸縮がうま


くできないなどで、常に痛みが発生しやす


い状態になっています。


特に、靭帯(じんたい)や腱(けん)など


関節周辺のよく動かす部分を傷つけてしま


った場合は怪我の再発も珍しくありません。


気温が急激に下がると皮膚の温度が下がり


血管が収縮して血液の流れが悪くなり、さ


らに筋組織が収縮することで、神経が圧迫


され痛みや違和感を感じやすくなります。


220170220.jpg


続きを読む "冷えると古傷が痛むのはなぜ?" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年02月20日 16:24 | パーマリンク | トラックバック (0)

寒い季節の体温調整・脳梗塞・心筋梗塞との繫がり

体は体温を一定に保つために、気温が下がる


と毛細血管を細く(収縮)して、血管内を流


れる血液を少なくして、熱が体外へ逃げない


ようにします。


暑いときは毛細血管を広げ(拡張)て、血液


を多く流して熱を外へ逃がします。
20170217.jpg

続きを読む "寒い季節の体温調整・脳梗塞・心筋梗塞との繫がり " »


投稿者: 院長 小松原 | 日時: 2017年02月17日 10:46 | パーマリンク | トラックバック (0)

乾燥、シワ、たるみなど、肌の90%は栄養から

先日は「あなどれないお肌と栄養の関係」


の分子栄養学勉強会が終了致しました。


今回もとても興味深い内容が盛りだくさん


でした^^


その中から、ムコ多糖の大切さについてお


伝えしたいと思います。


私たちの身体の唾液や血液などの体液がヌ


ルッとしているのはムコ多糖が含まれてい


るからです。


欠乏すると、総合的な栄養欠損を招くこと


になり、皮膚、粘膜の老化をもたらします。


ムコ多糖は、身体の細胞の周りでも水分を


蓄えています。


この水分を通じて、細胞に栄養を運んだり


細胞から不要となった老廃物を取り出した


りしながら、身体の「循環と代謝」をして


います。


220170213.jpg


続きを読む "乾燥、シワ、たるみなど、肌の90%は栄養から" »


投稿者: スタッフ 平松 | 日時: 2017年02月13日 18:10 | パーマリンク | トラックバック (0)